日常生活で血管年齢を下げる方法

若々しく健康でいたいのであれば、肌や髪の毛の手入れだけでなく、血管年齢を下げる必要があります。
血管が若く弾力があると言う事は動脈硬化が起きていない事ですし、そのような状態は、栄養分の運搬や老廃物の除去にも役立ちますから、いつまでも健康で若々しく生活できることになります。
血管年齢を下げる方法は、まず、食事改善です。
それには、高血圧を予防する事が大切で、そのためには、まず、塩分を控えることが重要です。
もしも、食塩を摂りすぎた場合は、バナナやコーヒーを飲んで、カリウムをおぎなっておきましょう。
次が有酸素運動をする事です。激しいスポーツではなく、水泳やウォーキングがいいのです。運動をするとブラジキニンと言う物質が増え、このブラジキニンが一酸化窒素を増やします。一酸化窒素には血管を拡張させる作用がありますので、老廃物やコレシテロールが排出され、血管が強化されます。
さらに、煙草は吸わない事です。吸っている人は禁煙をする事です。煙草を吸うと、血管が収縮し、血圧があがりますので、血管に大きなダメージを与えます。
さらに、食事ですが、糖やコレシテロールが腸に吸収される前に食物繊維を先に食べましょう。食物繊維は野菜、キノコ、海藻、豆類に多く含まれ、腸の中で余分なコレステロールや糖質をからめとり、そのまま排泄をしてくれます。
そして、食事中の中性脂肪を減らすことも大切です。それには、DHA,EPAを取ることが大切で、この成分が、サバやイワシなどの青魚におおくふくまれていますので、青魚を食べるといいでしょう。