乳酸菌サプリでお腹が張る理由とは?

腸内環境を整えることで、便秘や肌荒れを解消するなどの目的で飲まれることの多い乳酸菌サプリですが、飲むとお腹が張るという症状を訴える人がいます。これは体にとってはいいことなのか悪いことなのか、サプリメントを続けてもいいのか、不安に感じるかもしれません。
乳酸菌サプリメントを飲みことを決意した人は、自分の腸内環境を心配しているというケースがほとんどです。つまり、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが後者に偏っている可能性の高いと考えられます。悪玉菌が優勢だった中に、急に乳酸菌サプリから大量の善玉菌が投入されると、腸内が過剰反応を起こしてしまい、その結果、お腹が張ることになるのです。大体飲み始めてから三日目くらいまでは、お腹が張る症状は続きます。お腹が緩くなったり、逆に便秘になることも多くあります。
これは、お腹の中の悪玉菌と乳酸菌サプリが届けてくれた善玉菌が腸内で戦っているサインです。つまり、お腹が張るということは乳酸菌サプリを飲んだ効果がきちんと表れ始めているということなので、体にとってはいい傾向だと言えます。お腹が張るからといって、途中で飲むのを中断してしまうと再び悪玉菌だらけの腸内に逆戻りするので、そのまま飲み続けるようにしましょう。
お腹が張る時期が過ぎると、腸内環境が善玉菌の方が優勢になって健康的な状態になった証拠です。おならのにおいも臭さが薄まっていき、便通もだいぶスムーズになっているはずです。